県内採択グループのご紹介-支援活動の内容

伊那谷 住まいるの家

伊那谷発の家

1 地域型住宅供給地域
長野県
2 地域型住宅の特徴、共通ルール
寒暖差が大きい地域の為、風土空間を考え採光・採風を考慮した高断熱・高気密の住宅性能を重視し断熱等級4とします。各部位の木材は、土台・柱は桧・杉とし国産材・県産材を使用、梁桁は国産材・県産材は杉・桧・唐松・赤松、国外産は米松・米ヒバ・欧州赤松(集成材を含む)とし合法木材を使用します。また国産材の使用は全体の40%以上、国外産は60%以下とします。
3 使用する地域材
国産材:合法木材証明制度
外国産材:合法木材証明制度
信州木材認証製品(長野県):信州木材認証制度
4 グループの概要紹介、PR
信州伊那谷の自然環境に合わせた住宅性能を重視し、国産材の推進と地元県産材の利用拡大を目指します。また長寿県でもある高齢化に配慮した家づくりと、建設後のメンテナンスに配慮した住宅提案を行います。
5 代表者
都築木材㈱ 塩澤 賢一
6 事務局
事業者名等:都築木材㈱
担当者:塩澤 賢一
所在地:〒396-0009 伊那市日影336
連絡先:TEL 0265-72-3116 FAX 0265-72-3158
7 構成員数
 1)原木供給(素材生産事業者・原木市場等) 11
 2)製材・集成材製造・合板製造 25
 3)建材流通(木材を扱わない事業者を除く) 3
 4)プレカット加工 1
 5)設計 3
 6)施工 15
 7)木材を扱わない流通 4
 8)その他 3
8 結成年
2015

一覧へ戻る


このページのトップへ